>>検索結果一覧へ戻る
ZIN設計

建築・インテリア
名古屋市内  1986年以前  6名〜10名 
〒461-0002 名古屋市東区代官町33-1 橋本ビル2階
052-932-2070  052-932-2071
zin-stru@wind.ocn.ne.jp
http://zin-stru.wix.com/zin-structure

ロゴ


構造設計においては、約30年の実績があり、耐震診断や免震にも対応しています。
近年は木造の住宅において、構造計算に基づいたでっかい無垢の柱、梁を使った家づくりをしています。自然素材にこだわり、柱や梁を隠さない真壁としています。また、雨水をトイレの洗浄水に利用したり、ソーラー発電などのエコにも配慮した住宅造りをしています。住宅においては、女性建築士が対応し、細かい配慮をした設計に心掛けております。


木造住宅・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の建物などの設計・管理・施工
構造設計・耐震診断・耐震補強・住宅相談・土地探し等


代表取締役

磯部庄司 (イソベショウジ)

名城大学卒・1級建築士・中日設計を経て、ZIN設計室開設、昭和56年に株式会社とする。
「自然素材のおうち造り」の大甚代表も兼ねる。
各種構造の構造設計・耐震診断・耐震補強・住宅・マンション・スーパー銭湯の設計、施工などを手がける。


制作事例の紹介


多治見の家
多治見の家

東道路面には8寸桧柱を配しました。外壁は漆喰です。駐車スペースの下には、約3㎥の雨水タンクを埋めました。トイレの洗浄水として使っています。屋根にはソーラー発電パネルを設置しています。
1階のトイレは1坪あり、入り口が2ヶ所あり、お母様の寝室からも
入る事が出来ます。居間には収納できる囲炉裏と、囲炉裏用フードをつけました。吹抜けには床暖房を入れました。



本山の家
本山の家

北側道路で、3方を住宅に囲まれた住宅地に、吹き抜けの居間を作る事で、日当たりのいい家となりました。階段は厚み12センチの桧の一枚板を使いました。照明は木でオリジナルです。吹抜けには薪ストーブを設置しました。北側の和室には、大阪障子をいれ、夏には分割になっている障子をはずすと、千本格子戸となり、目隠効果と共に通風も確保できます。駐車スペースには雨水タンクを埋めています。



半地下の家
半地下の家

北側に斜路があるため、最下階は半分地下の鉄筋コンクリート造となっています。玄関は地下階ですが、埋まっていないで、道路から直接入る事が出来ます。玄関の中は通り抜けの土間になっていて、東の庭に出られます。地下階には囲炉裏があります。上は木造2階です。1階居間の下には、約10㎥の雨水槽を作りました。屋根にはソーラー温水器を設置しました。



上飯田の家
上飯田の家

住宅の密集している地域の、旗状敷地となっていますが、日当たりと通風を十分に取り入れました。ダイニングは居間も兼ねており、天井高さは1.5階分としました。5メートルの長さの1枚板にシンクを埋め込み、下部はオープンとし、食卓テーブルも兼ねたシンプルライフです。冬は薪ストーブが調理に大活躍です。車庫の下には約1㎥の雨水槽があり、トイレ洗浄水に使っています。



可児の家
可児の家

道路より1.5m程敷地が高いので、1階は鉄筋コンクリート造の車庫とご主人の趣味の場、となっています。2階に愛犬の居場所となる、広い玄関兼入り口を作りました。子育てを終えたご夫婦が、愛犬と共に趣味を楽しむ家となっています。ドライエリアはご主人の釣ってきた鮎を焼いて食事を楽しむお気に入りの場所です。奥様の要望だった
雨水利用とソーラー発電も実現しました。





※プリントオプションの[背景をプリント]をONにすると見やすくプリントされます。
>>検索結果一覧へ戻る



ホームページ内の画像,テキスト等の無断転載不可。Copyright 2007 IdcN, All rights reserved.