>>検索結果一覧へ戻る
株式会社ティエムシー

グラフィック・広告, 映像コンテンツ・WEB・ホームページ制作, 企画制作プロデュース
名古屋市内  1986年以前  11名〜20名 
〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目2-9 明治屋栄ビル5階                 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ516
052-238-4366  052-238-4377
web@tmc-creative.jp
http://www.tmc-creative.jp

ロゴ


人を幸せにする力。

かつてないほどモノが溢れています。モノだけではありません。カタチをもたない情報も溢れかえっています。個性の時代は、多様な価値観や美意識を生み出しました。選択肢が多いことを、幸せだと感じる人もいます。どうやら、私たちの日常は、モノと情報の洪水で覆い尽くされてしまったようです。もちろん、個性は大切です。それが新鮮であること、特別であること。デザインされたものにオリジナリティがなければ、誰も見向きはしません。けれども、その反面で、個性化したモノと情報は、何が必要であるのか、どっちが良いのかといった判断を鈍らせています。多様であることが平板化を招いているのです。百人百色の時代だからこそ、普遍的な美しさを持つデザイン、気持ちの良いデザインが求められているのではないでしょうか。たとえば、定番とかパーマネント・コレクションと呼ばれる製品の魅力は、それが「既に評価されたもの」であるという付加価値ではなく、常に新しい価値や意味を「いま・ここ」において再生産する媒介=メディアであるからです。デザインは、単に奇抜であったり、目立ったりすれば良いというわけではありません。それは視覚的なグラフィック・デザインの領域においても同様です。よく考えられたグラフィック・デザインは、ストレスが少なく気持が良いものです。情報が整理されることで理解しやすくなり、クライアントと受容者とのコミュニケーションは円滑になります。デザインは社会に奉仕するものであるべきだ、という考えに私たちは賛同しています。良いデザインは日常生活のなかに悦びや驚きを与え、生活にアクセントをもたらし、それに出会った人の気持を幸せにする。
t(total)m(marketing)c(communication)という社名には、そんな私たちの大切な思いがこめられています。




代表取締役 小川 明生





制作事例の紹介




セントレア V.Iシステム デザイン開発





松坂屋上野店 キャラクターブランディング開発





生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会 ロゴデザイン





ユネスコ世界会議ESD2014 支援実行委員会 ロゴデザイン





全国都市緑化あいちフェア 2015 ロゴデザイン





※プリントオプションの[背景をプリント]をONにすると見やすくプリントされます。
>>検索結果一覧へ戻る



ホームページ内の画像,テキスト等の無断転載不可。Copyright 2007 IdcN, All rights reserved.